プロミスの来店での手続きも悪くはない

大手消費者金融のカードローンサービスとなるプロミスは、来店不要の最短即日振り込み融資が有名なため、来店をする手続きはどうしても軽く見られがちです。たしかに店舗や契約機に来店をするとなると手間がかかってしまうために仕方がない部分はありますが、来店をする手続きにはそれなりのメリットもあります。

 

来店不要で借りるWeb契約は手軽さで優れるとすれば、来店をする手続きは借り入れの早さに優れると言えます。すぐに借りたいときにはプロミスでは契約機を使うほうが良いので、どうしても今日中にお金が必要などといった状況であれば、プロミスの契約機を使う手続きとすべきです。

 

借り方や希望内容によって来店不要のWeb契約か来店手続きかを選べるのがプロミスの大きな魅力となるので、手軽さだけで考えて来店不要のWeb契約で借りるとは決め付けない方が良いです。

 

プロミスの来店手続き

 

契約機での手続きなら週末も

プロミスの契約機の多くは土日でも営業をしていることで、週末にお金が必要になってもその日のうちに借りられるようになっています。来店不要で借りる銀行振り込みの場合、当日中に借りるためには平日14時までのWeb契約完了が条件となりますが、契約機なら営業時間内で最短即日の手続きも可能となるために助かります。

 

審査回答可能時間が21時までとなっている点はプロミスの申し込みを進める上で注意をすべき部分ですが、昼間の空いた時間、暇なときにでもプロミスの公式サイトからネットで申し込みを行っておけば、21時を過ぎていても契約機での当日中の手続きも可能です。

 

例えば22時まで営業をしているプロミスの契約機なら、21時までにネットでの審査を終えておけば夜間でも即日契約も可能となります。来店不要のWeb契約も同様に夕方や夜間でも行えますが、Web契約の振り込み融資の場合には契約自体は行えても借り入れは翌営業日となるので、その日のうちにお金が必要となっても対応ができないのです。

 

今日すぐに借りたいなら契約機へ

手軽さが魅力のWeb契約による振り込み融資は、周りに見られることなく手間をかけずに手続きが進められるのが利点です。その代わりにデメリットも多く、繰り返しにはなりますが平日14時までに契約を終えないとその日のうちに借りられないので、時間外となると利用の開始が遅くなります。

 

時間に間に合うように申し込みや手続きを進めたとしても、審査の内容や結果によっては回答に時間がかかる場合があり、結果として14時を過ぎてしまうこともあります。午前中に申し込みをすれば大丈夫だろうと考えていても、何らかの事情や状況によってその日のうちには借りられなくなる可能性があるのです。

 

審査に時間を要するとしても、予めネットで申し込みをしてからの契約機利用ならそこまで影響は大きくなりません。なぜなら、契約機を利用する際には事前に空いた時間にネットで申し込みを済ませておくためで、最短30分となるプロミスの審査回答に1時間や2時間がかかったとしても、営業時間内に間に合えば問題はありません。

 

銀行振り込みで借りる際と同じように午前中に申し込みを行い、審査の結果連絡が非常に遅く15時頃となってしまったとしても、その後に契約機で手続きを進めれば最短即日の借り入れも可能となるので影響は大したものではないのです。

 

契約機の設置台数の多さが魅力

契約機を使う手続きは何もプロミスに限らず、消費者金融ではアコムでもアイフルでもモビットでも進められます。また、銀行のカードローンにおいても契約機を設置しているところがあり、同じように早い手続きで最短即日の利用開始も可能としています。

 

その中でもプロミスの契約機が強い理由は、単純に設置台数が多いためです。プロミスは対応をする場所であれば三井住友銀行のローン契約機の利用も可能となっているため、首都圏での契約機の設置台数は非常に多いものとなっています。

 

東京都内などは特に多く、プロミスの契約機自体の設置も多いプロミス新宿区で見てみると、非常に多くの三井住友銀行のローン契約機の設置もあるためにトータルでの設置台数も爆発的に多くなっています。

 

これは他の消費者金融と比べても大幅に多い設置数であり、一つの契約機が利用されているとしても、すぐ近くの場所での手続きも可能となります。また、少し離れたところの契約機を使いたいといった希望にも応えられるのが設置台数が多いプロミスの契約機の利点であるため、契約機を利用する最短即日融資の借り入れはプロミスから考えておくべきなのです。

 

店舗を利用する際の注意点

契約機ではなく店舗を利用する際には、設置場所や営業時間の確認が欠かせないものとなります。プロミスは契約機の設置数は多くても店舗自体は多くはないので、仮に繁華街であるとしてもプロミスは店舗が無い場合も多いです。

 

上で触れた新宿区に関しても、プロミスでは店舗の設置はありません。契約機はかなりの数がありますが、店舗となると設置数はゼロなのです。

 

そもそも店舗は今ではあまり使われなくなっており、契約機と違って夕方には営業を終了してしまい、週末は休業となるために使いたいときに使えない欠点もあり、よほどのことでもなければ店舗に来店をすることはありません。

 

ただ、返済の相談や各種手続きなどで店舗を利用する場合もあるかもしれません。その際には店舗の情報をしっかりと確認をしてから来店をするようにしましょう。

 

東京都内のプロミスの店舗となると意外にも新宿や渋谷には設置がなく、あるのはプロミス東京都港区のサービスプラザとなります。他の消費者金融は新宿や渋谷に店舗が設置されているものですが、プロミスでは設置がないので来店をすることを考えている場合には注意が必要です。